アレルギーや食中毒はカニ料理でもあるのか?

 

カニはとても美味しい食べ物で、特に寒いシーズンになってくると、あちこちの旅館や料亭などでもカニ料理が振る舞われます。

 

そんな、ほとんどの人が好きであろうカニですが、やはりアレルギーや食中毒などについてもある程度知っておかなければなりません。

 

ということで今回は、カニのアレルギーや食中毒についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

カニのアレルギーとは?

 

カニのアレルギーは海老や貝類などと同様で、甲殻類アレルギーに区別されます。

 

こうしたアレルギーというは、以前は全く大丈夫だったがある日突然アレルギー症状が起きてしまうという可能性もあるのです。

 

ですので、今までに一度でも海老などを食べてアレルギー症状が現れたという方は、ほぼ間違いなく甲殻類アレルギーを持っていると考えて良いでしょう。

 

 

 

甲殻類アレルギーの症状とは

 

甲殻類アレルギーはいくつかの異なる症状が現れることがありますので、どのような症状があるのかを以下のとおり挙げておきます。

 

  • 皮膚や粘膜などに異常が現れる場合:主にじんましんや、それにともなう痒みなどが挙げられます。
  •  

  • 呼吸器系に異常が現れる場合:咳やくしゃみ、喘息などが挙げられます。
  •  

  • 消化器系に異常が現れる場合:腹痛や下痢などが挙げられます。

 

これらの症状が複合的に発生するアレルギーをアナフィラキシーショックと言い、その場合は命の危険性もありますので注意が必要です。

 

もし、カニを食べてこのような症状現れた場合はすぐに食べるのを止めてください、

 

 

 

カニの食中毒とは

 

カニに限らずですが、海産物というのは食中毒の危険性は常にあり、特に刺身など加熱を加えない生ものの場合、まだ菌やウイルスなどが死滅していないということもあり、それが原因で食中毒になってしまう可能性も十分にあります。

 

それではカニの食中毒とはどのような症状が現れるのかというと、主に腹痛や下痢、嘔吐や発熱などで、症状は他の食中毒と対して変わりはありません。

 

 

 

食中毒になった場合の対処法

 

食中毒にかかってしまった場合、通常であれば2、3日安静にしていれば良くなり、身体の弱いお年寄りや小さいお子さんの場合でも数日経過すれば回復します。

 

ただし、そういった食中毒の症状が明らかに長期に渡っている場合は速やかに病院で診察してもらうようにしてください。

 

また、食中毒になると下痢になりますが、だからと言って下痢止めの薬を飲むのは止めた方が良いです。

 

なぜなら、腸内に入るウイルスを下痢という方法を使って外に全て出そうとしているので下痢止めは使用せず、水分をたくさん摂って全てウイルスを全部出し切りましょう。

 

 

 

食中毒を予防するには

 

食中毒は基本的に菌やウイルスによって発症するものですから、カニは新鮮なうちに食べ、そして適切な方法で保存し、調理するときは手やまな板、包丁などを必ず綺麗に殺菌するなど常に清潔に扱い、消費期限は必ず守ることが大切です。

 

特に、カニしゃぶやカニ刺しなどあまり火を通すことのない食べ方をするときは注意するようにしてください。

 

 

 

まとめ

 

 

今回は、カニのアレルギーや食中毒に関してお伝えしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

 

カニは冬の味覚の王様とも言われているほどとても美味しい食べ物ですから、ここで紹介したことをしっかり読み、贅沢なカニ料理を美味しく楽しく堪能してください。

関連ページ

カニの甲羅などに付いている黒いツブツブ!「カニビル」って何?
カニの甲羅などに付いている黒いツブツブ!「カニビル」についてご紹介いたします。カニ料理を食べる際に甲羅に付いている黒いツブツブが気になった方は多いと思います。この正体はカニビルと言うヒルの卵です。参考にしてください。